いびきの予防・解消法

いびきの予防・解消法

いびき予防・解消法について。

いびきの原因となっている要因により治療方法や対策が違ってくるのも当然であり、原因が何かしらの生活習慣にあるので場合であれば、それらの習慣を見直すことで改善・解消されることも考えられます。

いびきの改善・解消法

いびき解消法いびきの治療法としてはさまざまな方法があり、いびき自体の症状の程度や「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」と呼ばれる、睡眠時に断続的に息をしていない無呼吸状態を繰り返す症状も伴っているかによって、対処する治療方法も異なってきます。

いびきの原因を把握する

根本的にいびきの原因となっている要因により治療方法や対策が違ってくるのも当然であり、肥満を原因とするケースであれば、体重を減らすなど肥満を解消する事が最優先となりますし、アルコールの飲酒、薬の服用などが原因の場合であれば、それらの習慣を見直すことで改善・解消されることも考えられます。

肥満といびき

いびきの原因として考えられる要因のなかでも、肥満に関連づけられるものが多く挙げられ、特に極度の肥満の場合には、それに比例して症状も重くなるといったことが述べられています。

肥満を解消する事が大前提で根本的な治療法

肥満を原因とする「いびき」ならびに【睡眠時無呼吸症候群(SAS)】のケースであれば、肥満解消、すなわち体重を減少されるという事が大前提で根本的な治療法となります。具体的には食事療法と運動療法を併用して行われます。

生活習慣が原因となるいびき

いびきがひどいと悩まれている場合、自分では気付いていない要因が原因となっている場合も多々あります。習慣的に行っているライフスタイルやそれに伴う何らかの要素を改善することで、改善に向かうことも十分考えられます。

アルコール量を減らしたり、就寝前の深酒を厳禁

アルコールの飲酒が原因として考えられる人の場合には、禁酒する事までは無理という人であっても、習慣的な飲酒の際のアルコール量を減らす。特に就寝前の深酒を厳禁にするなどの決め事を実践することで、症状の程度が緩和されることも考えられます。

過剰なストレスを溜め込まない

常的に過度のストレスを感じている人であれば、精神的なストレスを解消できるように心掛けるといった事も重要です。過剰なストレスを溜め込んでいること自体悪影響ですし、解消するために陥りがちな暴飲暴食をしていては、結果的に肥満やアルコールの飲酒といった要因へと繋がってしまいます。

肉体的な極度の疲れも「いびき」の原因に

過度のストレス同様に、肉体的な極度の疲れというのも「いびき」を誘発する原因の一つとして考えられていますので、仕事や家事などを含めて過労にならないように気をつけるということも予防策になります。

レム睡眠とノンレム睡眠

睡眠睡眠には浅い眠りの状態である【レム睡眠】と、深い眠りの状態である【ノンレム睡眠】があります。睡眠中は基本的に約90分のサイクルでレム睡眠とノンレム睡眠が一定のリズムで繰り返されています。浅い眠りと深い眠りと聞くと、レム睡眠は質の悪い睡眠のように感じられるかもしれませんが、決してそんなことはく、両方とも身体にとっては不可欠な内容の状態である睡眠です。

レム睡眠の状態である時には脳は覚醒に近い浅い眠りであるのですが、筋肉を休めるための眠りである以外にも、日中に脳に蓄えられた情報を一時的な記憶ではなく、長期的な記憶に移し替えるための大切な時間であるということも分かっているようです。