老眼の症状

老眼の症状と原因

老眼症状とそのと原因について。

老眼の症状というのは近いところが見えにくくなった状態であり、平均的にはおよそ45歳前後から症状を自覚しだすことが多い言われています。

老眼というものは、そもそも老化に伴い水晶体が硬化して、ピントを合わせる調整機能の働きが低下することが原因で引き起こされます。

老眼の症状というのは・・・

老眼の症状と原因老眼の症状というのは殆どの方がご存知だと思いますが、近いところが見えにくくなった状態であり、おおむね40歳代以上の中高年の人に起こりやすく、そういった年齢になると個人個人の違いにより程度の差はあれど、殆どの人が老眼(医学用語としては老視)の症状を自覚するようになります。

老眼の症状としての具体例

老眼の症状として具体的には、眼が疲れやすくなったといった単純なものから、新聞や本などを読むときに書かれている小さな文字を目から離さないと文字がボヤケて良く見えないとか、繊細さを要する細かい仕事などをするとひじょうに目が疲れるなどといった症状を感じます。

老眼や老視といった症状は老化現象の一種

日常の生活のなかで先に挙げたような症状を頻繁に感じたら、老眼が始まってきたと考えられますが、老眼や老視といった症状は年齢を重ねることで誰にでも起こりえる生理的な現象であり、病気というものではなく、老化現象の一種であると捉えるのが一般的です。

老眼になる原因

老眼になる原因として考えられているのは、眼の中にある【水晶体】と呼ばれている器官が、加齢に伴い弾力性を失っていくことで、物を見る際のピント調整機能が十分に働かなくことで生じると言われています。

水晶体の弾力性が弱まるのが原因

そもそも私たちが物や文字を見る時に、その対象物に対して水晶体がピントを合わせるといった「レンズの機能」を果たしているのですが、中年になれば程度の差はあれ水晶体の弾力性が弱まり、それが老眼の原因になるようです。

老眼の症状を日常的に感じだしたら

普段の生活において何となく近くがかすんで見える、本や新聞の活字がぼやけて見える感じがするが少し離すと見やすくなる、といった症状を日常的に感じだしたら【老眼】になりだしたのかもしれませんので、一度眼科にて診察してもらうようにしましょう。

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症糖尿病は、患者さんが年々増えている生活習慣病で、糖尿病を患うことで何より恐いのが合併症であり、私たちの身体のさまざまな箇所に悪影響を及ぼします。

糖尿病の合併症のひとつである「糖尿病網膜症」は、日本において成人の失明原因の第一位となっている危険な病気なのですが、初期のうちは全く自覚症状がないということが多く、進行しているのに気付かずに放置されやすいケースがあるようです。この病気は何よりも早期発見、早期治療が重要になりますので、糖尿病の診断をされている人であれば、念のため眼科を受診するようにしましょう。