老眼の遠近両用コンタクトレンズ

老眼対策の遠近両用コンタクトレンズ

老眼対策の遠近両用コンタクトレンズについての情報。

老眼対策として老眼鏡を使用されている方が圧倒的に多いと思われますが、最近は老眼対策として遠近両用コンタクトレンズというものも数多く市販されており、もともと近視であった人などでは実際に使用されている人も増えてきているようです。

また、一般的な近視矯正用のコンタクトレンズと同様に、遠近両用(老眼用)の使い捨てコンタクトレンズといったモノもさまざまなメーカーから販売されています。

老眼用(遠近両用)のコンタクトレンズ

老眼用コンタクトレンズ老眼対策として最も一般的に利用されるのが老眼鏡だと思いますし、現実的に考えてそれ以外にどういった方法があるの?と感じる人も居られる事と思います。確かに老眼鏡が老眼対策として最もポピュラーな解消方法となるアイテムなんですが、現在では遠近両用コンタクトレンズというものも市販されており、老眼になる以前から近視などでコンタクトレンズを使用してきた人などには、遠近両用のコンタクトレンズを使って遠くの物も近くの物も見れるように対処している方が居ます。

老眼対策として遠近両用コンタクトレンズを選択する人

日本ではそもそも近視の人が多くコンタクトレンズをしている人もたくさん居ますし、そういった人や40代の早くから老眼の症状が出だしたなど、比較的若い年齢で老眼を感じだした人には、老けたように思われる老眼鏡を掛けるのに抵抗を感じるといった理由から、その対策として遠近両用コンタクトレンズを使用しだす方もあるようです。

老眼用の使い捨てコンタクトレンズ

近眼の人が使用している一般的な近視矯正用のコンタクトレンズでは、数日や数週間ごとに新しいレンズと交換する【使い捨てコンタクトレンズ】が普及しており人気がありますが、最近では遠近両用(老眼用)の使い捨てコンタクトレンズもさまざまなメーカーから販売されています。

老眼用コンタクトレンズの長所・短所

遠近両用のコンタクトレンズは老眼対策として利便性や外見を考慮する方にとっては、メリットの多そうに感じられるアイテムであるのは間違いないですが、遠近両用(老眼用)のコンタクトレンズには、小さいレンズの中に遠くと近くを見る部分がそれぞれ複雑に組み込まれているので、日常的な使用において遠近ともにピントが正確に合うかというと、実際問題として違和感を覚える人もあるようです。

老眼対策としてコンタクトレンズを選ぶ際の注意点

また、老眼になるまでコンタクトレンズを使用した事がない人はもちろんのこと、近視矯正用のコンタクトレンズを長年使っていた人でも、個人差はあれど慣れるまで多少時間がかかったり、ピント調整に違和感を感じるケースもあるようなので、アフターサービスなどの面を含めて信用のおける販売店で、テスト期間や試用が可能なコンタクトレンズを選ぶということが重要なポイントです。

レーシックによる視力回復

視力回復レーシックとはレーザーを使用して近視・乱視・遠視を矯正する視力回復手術です。欧米では既にレーシックは一般的な視力矯正治療となっており、日本でも数年前からメディアに取り上げられて認知度が高まり、実際に治療を受ける人も増加しています。

レーシックの手術方法は、目の角膜にフラップというフタを作り、角膜をめくってレーザーを照射し、角膜の屈折する形を調整することにより視力を矯正する手術です。ここ数年でレーシック手術を行う病院やクリニックの数も飛躍的に伸びており、現在では年間に多くのレーシック治療が行われています。