老眼

老眼(老視)

老眼(医学用語としては老視)についての情報。

【老眼】というと何となくお年寄りの方をイメージが頭に浮かびがちですが、実際のところ平均的にはおよそ45歳前後から症状を自覚しだすことが多い言われています。

症状の出だす年齢には個人差はあるものの、ひじょうに早い人では40歳の手前ぐらいでも老眼の兆しを感じる方も居られるそうです。

老眼の代表的な症状

老眼の症状老眼の代表的な症状としては、
・小さくて細かい字が見えにくい
・新聞や本をついつい遠くに離して読んでいる
・薄暗い所では字が読みにくい
・長時間、本を読むと首や肩のコリがしたり、頭痛がする
などが挙げられます。

老眼(老視)の症状を感じ出したら

老眼(老視)の症状を感じ出したが、「老眼鏡を購入したから大丈夫」と思われる人も多いですし、老眼になり始めの比較的若い年齢の殆どの方はそれで安心されることと思います。しかしながら万が一ということも想定して、眼科など医療機関で診察してもらうのが最善です。

老眼かも?と思ったら、眼科などの病院で検査を

先に挙げた老眼の代表的な症状に合致するといったことから、自己診断のみで「多分、老眼だろう・・・」と思っていても、実は【緑内障】や【糖尿病性網膜症】などといった、その他の眼の病気であることも無いとは言い切れませんので、老眼に間違いと感じていても念には念の気持ちで、眼科などの病院で検査することをお勧めします。

老眼は誰の身の上にも引き起こされる症状

また、「私は多分大丈夫!」と考えている人も居られるかもしれませんが、老眼(医学用語としては老視)というものは老化現象のひとつであり、遅かれ早かれいずれは誰の身の上にも引き起こされる症状であります。

老眼の予防・対策

何かと不便をともうなう事の多い老眼なんですが、なぜそのような症状が起こるのかといいますと、老眼というものはそもそも老化に伴い水晶体が硬化して、ピントを合わせる調整機能の働きが低下することが原因で引き起こされます。

老眼の予防や防止策はあるのか?

肉体的な老化現象というのは誰しも回避できないものですから、老眼の予防や防止をするといっても完璧を目指す事には無理がありますが、水晶体が固まらないように動かしてトレーニングをしてあげるなどを心掛けていると、ある程度進行を遅らせたりといった感じで老眼の予防は期待できます。

目は普段からいたわってあげましょう

また、目を酷使したり、疲れ目などの眼精疲労を放置したたままで休ませてあげないということでは、老眼の予防や防止うんぬん以前に目に負担を掛けて、その他の目の病気を誘発してしまいかねませんの注意しましょう。

老眼鏡と老眼用のコンタクトレンズ

老眼鏡と老眼用コンタクトレンズ老眼になると【老眼鏡】を掛けるのが最も一般的な対策方法と言いますか対処法となりますし、実際問題としてそれ以外に近い距離にあるモノや小さくて細かい文字などを見るための矯正方法は思いつかないのが普通だと思われます。

老眼鏡のレンズ

最近では老眼鏡と言っても、使用目的に応じて見える範囲がいろいろと異なるさまざまなタイプのレンズを装着した老眼鏡が豊富にあり、個人個人の視力や症状の違い、それに加えて用途に応じた選択岐がたくさんあります。

遠近両用(老眼用)のコンタクトレンズ

また、近視(近眼)の人であれば従来からあるメガネタイプの老眼鏡だけでなく、遠近両用(老眼用)のコンタクトレンズというものも各メーカーからイロイロと市販されていて、便利に感じて使用されている人も増えてきているようです。

老眼の手術

今までは老眼(老視)を治療するというのは不可能と考えられてきましたし、現在でも一般的にはそうのように思われる方が大多数なのではないかと感じますが、最近では手術によって老眼(老視)の症状を改善、回復することができる可能性があると言われており、実際にそういった老眼治療法を行っている病院やクリニックがあります。

老眼の改善、回復を対象としたレーシック手術

視力に関する治療として、近視を外科的な手術で改善・回復させる【レーシック手術】と呼ばれる治療方法があり、プロのスポーツ選手や有名人などがこのレーシック手術を受けて、視力を回復させたというニュースなどが情報として広まっているのでご存知の方も居られるのではないでしょうか?先に述べた老眼(老視)治療法というのは、一般的な近視向けのレーシック手術とは異なり、老眼の改善、回復を対象としたレーシック技術を手法とした手術が行われます。

具体的な老眼改善手術の種類

具体的には、ラジオ波を照射して角膜の屈折率を強くする【CK(Conductive Keratoplastyの略)】、エキシマレーザーを使用して角膜の形状を遠近両用のコンタクトレンズのような形状に矯正する【老視矯正レーシック】や、レーザーを使用して片眼で遠くを、もう片方の眼で近くを見る状態に矯正する【モノビジョン・レーシック】などがあります。

白内障の手術

白内障の手術白内障の手術としては水晶体を透明の人工眼内レンズに入れ替えるといった方法が主流で、年間に約100万件行われているとされています。

この手術の具体的な方法は、まず角膜に約2ミリほどのすき間を開けて、そこから超音波を照射し、水晶体を細かく砕き吸引・除去してから、その後、水晶体のあった場所に直径6ミリほどの眼内レンズを入れます。手術は局所麻酔(点眼麻酔)で行われるので強い痛みはなく、目の状態などにより差はありますが、短時間で終わるのが一般的なようです。