飛蚊症の治療法

飛蚊症の改善治療法

飛蚊症の改善策と治療法についての解説。

飛蚊症の治療法として、原因が目に関連する病気を起因としているタイプのものであれば、それらの病気に対応する治療法を行うことで症状の進行を食い止めることや改善されるケースもあります。

しかし老化に伴うタイプなど生理的飛蚊症の場合には、眼科などの病院で具体的な治療法が行われることは稀であるといったことが現状です。

飛蚊症の治療法

飛蚊症の治療法飛蚊症の改善や治療法としては、具体的な症状や進行程度により対処の仕方が異なってきます。【飛蚊症が起こる原因】の項目で説明していますが、飛蚊症を引き起こしている原因には、生理的や先天的な要因が元になっているタイプのものと、重大な病気を起因としているといった病的要因で生じているタイプがありますので、先ずは眼科医で正確な原因を診断してもらう必要があります。

加齢を原因として起こる生理的な飛蚊症

飛蚊症の症状が出るパターンの殆どは、歳をとることにより硝子体が収縮して網膜と離れてしまう【硝子体剥離】を原因とした生理的現象であり、特に高齢者の方に現れる飛蚊症の多くはこのような老化現象による症状の一種だとされています。加齢を原因として起こる生理的な飛蚊症は、個人差にもよりますが一般的に、50歳から60歳代で自覚しだす人が増えるようです。

生理的飛蚊症と診断された場合の改善策は?

現在のところ加齢による飛蚊症に対して、具体的な改善策や治療法が行われることは少ないのが実情です。眼科などの専門医で検査をしてもらった結果、危険な病気を原因としたものではなく、加齢に伴う【硝子体剥離】が原因であると診断された場合には、症状の程度にもよると思いますが、「特に治療の必要はなく、気にしないようして、慣れるようにしてください」といった内容のことを言われることが殆どだと思います。

病気を原因とする飛蚊症の治療法

加齢や近視など生理的要因を原因とする飛蚊症の場合、放置しておいても問題がないと診断されることが殆どですが、後で述べるような病的要素を原因とする飛蚊症の場合には、視力低下や失明する危険性もあるため、それぞれの病気に応じた改善策として、薬での治療、通院によるレーザー治療、入院を伴う手術といった治療法が実施されます。

飛蚊症の病的要因である代表的なもの

飛蚊症の原因として注意しなければならない病的要因の代表的なものには次のような病気があります。
【網膜裂孔】網膜の一部が引っ張られて網膜に孔ができる
【網膜剥離】網膜が目の壁から剥がれる
【硝子体出血】眼底で出血した血液が硝子体の中に入った状態
【ぶどう膜炎】細菌やウイルスなどの影響で眼の中に炎症が起こる

これらの病気に対して行われる治療法および手術方法は、【飛蚊症の手術】の項目を参照してください。

白内障の手術

白内障の手術白内障の手術としては水晶体を透明の人工眼内レンズに入れ替えるといった方法が主流で、年間に約100万件行われているとされています。

この手術の具体的な方法は、まず角膜に約2ミリほどのすき間を開けて、そこから超音波を照射し、水晶体を細かく砕き吸引・除去してから、その後、水晶体のあった場所に直径6ミリほどの眼内レンズを入れます。手術は局所麻酔(点眼麻酔)で行われるので強い痛みはなく、目の状態などにより差はありますが、短時間で終わるのが一般的なようです。