外反母趾の手術

外反母趾の改善手術

外反母趾手術についての情報を紹介。

外反母趾の進行により対策や治療方法に違いが出てきますが、症状が悪化していて痛みがひどく改善が見られないなど、日常生活をする上で支障が生じる場合には最終手段として、整形外科などの専門の病院にて手術を実施することもあります。

外反母趾の手術

外反母趾の手術外反母趾の症状が日常生活に支障をきたさない程度であれば、足の筋肉ならびに関節などに対しての体操を実施したり、靴の中敷き(インソール)や専用のサポーターといった装具などを使ったりした、保存療法が行われます。しかし痛みが取れずに改善する兆候もないという場合であれば、最終的に患者さん本人の意思によりますが、手術という選択岐が選ばれる事があります。

外反母趾の一般的な手術方法

外反母趾の手術の具体的な手術方法としてはさまざま種類があり、個人個人の症状や変形の程度・状態の違いに応じた方法で行われるようです。最も一般的な手術方法であるのは、内側に曲がっている親指の付け根の中足骨を一旦切ってから、角度を矯正して繋ぎ直すといった方法です。

手術に要する入院期間

実際に行われる手術方法の違いやその他の条件により、外反母趾の手術に要する入院期間は異なってくるようです。また、個人差にもよりますが普通に歩けるようになるには、一般的に1ヶ月から2ヶ月ほどは掛かるといわれています。

外反母趾の手術を受ける患者数

日本で外反母趾の手術を受ける患者数というのは、アメリカなどに比べて人口あたりの人数としてはまだまだ少ないそうです。ただし現在では日本でも、昔に比べて靴を長時間履く生活環境に置かれている人が多いので、外反母趾に悩まされる人が増加傾向にあり、それに比例して症状を悪化させる人も増えてきていると考えられます。

手術療法を行うかどうかの判断

外反母趾の手術を最も行っている国がアメリカといわれており、日本ではそれと比較して施術数も少ないことからか、整形外科病院や専門のクリニックでは、手術療法を行うかどうかの判断には患者さん自身の意思を重視する傾向にあるようです。

足痩せダイエット

足痩せダイエットダイエットに一生懸命に取り組んでいるのに、なかなか「太もも」や「ふくらはぎ」が細くならないと悩まれる女性が多いようです。なぜかというと、「太もも」や「ふくらはぎ」は身体の中でも特に脂肪が落ちにくい部分だからです。

脂肪が落ちにくい原因としては、血液やリンパの流れが滞ることで足がむくむと、老廃物がたまりだしてしまい、それらが脂肪と結びついてしまうことで脂肪が取りにくいセルライトに変質してしまいます。セルライトができにくくするための予防や解消には、むくみを取ることが大切で、血液やリンパの流れを促すマッサージが効果的です。