外反母趾の原因

外反母趾になる原因

外反母趾になる原因について紹介。

外反母趾になる原因としては、窮屈な先の細い靴やヒールの高いパンプスなどを日常的に履いているなどといった生活習慣からくる外的要因などが挙げられます。

また偏平足である場合や、足の親指が人差し指よりも長いなど、根本的に元々の足の形状や骨格の特徴などから外反母趾になりやすいといった先天性のものが考えられます。

外反母趾を引き起こす原因

外反母趾になる原因外反母趾を引き起こす原因としての外的要因には、日常的に行われている生活習慣による影響が大きな要素として考えられます。外的要因の根本的な原因としては、外から足の指および関節に加わる圧力による負担の影響が挙げられ、特に【足先をしめつける窮屈な靴】による影響が最大の原因といわれており、先端部分の細いタイプのシューズやハイヒールなどを頻繁に履いている人に発症しやすいとされています。

扁平足も外反母趾を誘発する原因

外反母趾を誘発する原因として、足の裏の「土踏まず」が無いといった、いわゆる【扁平足】であることも要因に挙げられます。健康的で正常な足であれば、足の裏のアーチがしっかり形作っているのですが、運動不足や日常的に歩く事が少ない現代人には扁平足の人が増加しています。

外反母趾という病気が女性に多い理由

また、ハイヒールなど高いヒールの靴は前足にかかる重さを増大させるために、足の裏のアーチを低下させます。外反母趾になる人というのは女性に多く、患者数は男性と比較しておよそ10倍にも及ぶともいわれ、圧倒的に女性に多い病気であるといったことは、このような要素も大きな原因の一つになっていると思われます。

外反母趾になる先天的・遺伝的要因

外反母趾について遺伝的要因が関係していると明白には解明されていないそうですが、先天的に外反母趾になりやすいといった人が居るのも実情で、自分の母親が外反母趾を発症しているといった人の場合、その人も比較的に外反母趾になりやすいといったことが多々あるようです。

外反母趾の症状を引き起こしやすい体質

これは、太りやすい体質とかアレルギー体質とかなどと同じ事で、親から引き継ぐ遺伝的要因であるというこも考えられ、「足の形状をはじめ、骨を支える筋力が弱く、骨格や関節も柔らかい」といった、外反母趾の症状を引き起こしやすい体質を受け継いでいることも、原因のひとつになっているのではと考えられているようです。

慢性的な便秘対策

便秘対策慢性的に便秘の悩みを抱えている人も結構居られ、自分なりに対策をしているがイマイチ改善されないということも多いようです。便秘の原因は一つではない場合が多いので、自分の生活習慣などを見つめ直して原因を把握する事が大切です。

便秘の原因としては、水分不足、食物繊維不足、運動不足、ストレス過多、朝食抜きの毎日、生活リズムの乱れなどが代表的な要因ですが、その他にも毎日食事をする時間が不規則であったり、排便する時間帯が不規則といったことも挙げられます。こういった原因に該当すると思われる場合には、一つ一つ解消していくことで効果が期待できます。