外反母趾の治療

外反母趾の治療法

外反母趾治療についての情報を紹介。

外反母趾の治療法としては、症状の進行が初期の頃や比較的中程度のケースであれば、運動療法や装具療法を行うことで更なる進行を回避しながら改善策を実施するようにします。

しかしながら進行程度が重症と判断されて、日常の生活に支障をきたすとなっている場合であれば、最終的な手段として手術という選択岐も出てきます。

外反母趾の具体的な治療法

外反母趾の治療法外反母趾の治療法として症状の進行程度が比較的軽度や中程度のケースであれば、足の筋肉ならびに関節などに対してのストレッチ体操による改善やテーピングによる矯正、また靴の中敷き(インソール)や専用のサポーターといった装具などを使ったりして、それ以上の進行を防止しながら症状の改善を図るといった、いわゆる保存療法的な治療が行われる事が多いです。

外反母趾に対する運動療法

外反母趾の進行を防止しながら症状の改善を図る【保存療法】としては、症状の程度によって幾つかの種類の治療方法の中から状態に適した治療法が行われ、具体的には【運動療法】や【装具療法】をすることとなります。運動療法として一般的に用いられている一つに【足指のジャンケン体操】などと呼ばれる、足の指を開いたり、閉じたり、反らせるといったストレッチ運動があります。

足指と足裏の筋肉を鍛えて外反母趾を改善する

運動療法には、【タオル寄せ運動】とか【タオルギャザー(たぐり寄せ運動)】などと呼ばれている方法もあり、これも足指・足裏体操として代表的なエクササイズの一つです。これは床に広げて敷いたタオルを足の指を使ってたぐり寄せるといった、足指と足裏の筋肉を鍛える筋力トレーニングとして行われます。

外反母趾の改善を図る装具療法

外反母趾の症状改善を図る装具療法の一つとしては、靴の中にインソール(足底板)を入れ足裏のアーチを矯正することで歩行バランスを保ち、痛みを緩和して和らげる共に、症状の進行を防止する方法があります。

テーピング療法による矯正

装具療法の代表的なものとして他には、足の親指の向きの矯正効果を図る【テーピング療法】という方法があります。テーピング療法に用いられる方法にはさまざまな種類があるのですが、中でも接骨院院長で外反母趾研究家でもある笠原巖さんが考案した【カサハラ式足裏バランステーピング法】が特に有名で、多数の整形外科や接骨・整骨医の先生からも効果的であるといわれています。

足痩せダイエット

足痩せダイエットダイエットに一生懸命に取り組んでいるのに、なかなか「太もも」や「ふくらはぎ」が細くならないと悩まれる女性が多いようです。なぜかというと、「太もも」や「ふくらはぎ」は身体の中でも特に脂肪が落ちにくい部分だからです。

脂肪が落ちにくい原因としては、血液やリンパの流れが滞ることで足がむくむと、老廃物がたまりだしてしまい、それらが脂肪と結びついてしまうことで脂肪が取りにくいセルライトに変質してしまいます。セルライトができにくくするための予防や解消には、むくみを取ることが大切で、血液やリンパの流れを促すマッサージが効果的です。