歯間ブラシ・デンタルフロス

歯間ブラシ・デンタルフロスで臭いを改善

歯間ブラシやデンタルフロスでの口臭対策について。

通常の歯磨きにプラスして、歯間ブラシやデンタルフロスを使用し、歯と歯の間などの歯垢(プラーク)の磨き残しが発生しやすい箇所をきっちり掃除することで、口臭対策はもとより歯周病予防にも効果的になります。

歯間ブラシやデンタルフロス

デンタルフロス歯間ブラシやデンタルフロスというのは、いわゆる『歯間クリーナー』と総称される種類のオーラルケア・ツールで、今では薬局やドラッグストアだけでなくコンビニなどでも販売されており、手軽に購入することが可能なアイテムのひとつです。

歯間クリーナーの使用を習慣づけると

歯間クリーナーの使用を習慣づけると、通常の歯間ブラシだけによる単なる歯磨きだけではスッキリしないと感じだす人も多いようですし、何より口臭対策や歯周病予防としても効果があるので一度使ってみてはいかがでしょうか。

歯垢(プラーク)の磨き残し

歯磨きによるブラッシングだけでは歯垢(プラーク)をキレイに除去できていないこともよくあるケースで、歯磨きしやすい部分の歯垢は結構磨き落されていても、歯と歯の間や歯と歯ぐきの境目などといった箇所は歯ブラシでは除去しきれていないものです。

蓄積された歯垢(プラーク)が原因による口臭

磨き残しが発生し易い箇所に蓄積された歯垢(プラーク)が原因により、口臭を発生させたり、放置したままとなると歯石となり、更に経過すると虫歯や歯周病といった症状に進行していく可能性が高くなります。

オーラルケア

通常の歯磨きにプラスして、歯間ブラシやデンタルフロスを使用し、歯と歯の間などの歯垢(プラーク)の磨き残しが発生しやすい箇所をきっちり掃除することで、口臭対策はもとより歯周病予防としても威力を発揮することとなります。

口臭対策はもとより歯周病予防としても効果的

実際に歯周病の患者さんの歯間部の清掃には、歯間ブラシやデンタルフロスを利用するのが最も効果的とされているそうで、オーラルケアを心掛けている人の多くが愛用されているようです。

歯間クリーナーの種類

歯間クリーナーの種類には歯間ブラシをはじめ、柄の付いたデンタルフロスや柄の付いていない糸巻きタイプのものがあり、自分にとって使い勝手の良さそうな種類の商品を選んで使ってみると良いと思います。

糸巻きタイプのデンタルフロス

糸巻きタイプのデンタルフロスは、馴れないと使いづらいという人も多いようですが、かなりの回数分が使用できるほどの糸が収納されている製品が多く、金銭的に考えるとお得感があります。

加齢臭の予防法

加齢臭加齢臭は中高年の人に特有の体臭として、特に世の女性陣からは敬遠されがちに思われているのですが、ある程度の年齢に達すると個人差はあれど誰の身の上にも起こりえるものです。加齢臭の原因にはさまざまな要因が考えられていますが、基本的に皮膚の皮脂腺から分泌される脂肪酸が酸化がニオイの発生源とされています。

加齢臭の予防法としては、食生活を含めた生活習慣を見直し、改善していくことで加齢臭の発生を抑制することが可能です。脂っこい食事を控えたり、体内での活性酸素の発生を抑える抗酸化作用の高い食品を意識して食べる、また、喫煙・飲酒を控えるといったことも予防対策として有効です。